デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンは効果あり?口コミもチェック

女性にとって永遠のテーマともいえるデリケートゾーンの黒ずみ悩みを解決するために、少しでも改善の効果が上がる秘策を知りたい女性も多いことでしょう。デリケートゾーンの黒ずみを調べると必ず出てくるハイドロキノンはどんな働きをもたらすのでしょうか。

デリケートゾーンの黒ずみは女性なら誰もが悩むもの

もしかして自分だけがデリケートゾーンの黒ずみの悩みを抱えているのでは、そう思っているのならそれは間違いです。デリケートゾーンの黒ずみの悩みは親しい友達にもなかなか打ち明けられないものなので、自分だけが抱える悩みと勘違いする傾向があります。

デリケートゾーンの黒ずみはできやすい

他の部位に比べるとデリケートゾーンの黒ずみはできやすいと言われています。その理由はさまざまですが、たとえばデリケートゾーンの皮膚は非常に薄いことをご存知ですか?

フェイスケアをするとき、目の周りはとても皮膚が薄くてデリケートなので、洗顔やスキンケアのときはこすらないように注意深くケアする女性も多いことでしょう。実はこの目元よりもデリケートゾーンの皮膚は薄いのです。多くの女性たちは目の周りのケアよりデリケートゾーンのケアは雑に扱っているのではないでしょうか。その結果、肌ダメージを受けたデリケートゾーンが黒ずみやすくなるのです。

まだまだ勘違いしている方も多いようですが、男性経験が多いためにデリケートゾーンの黒ずみができるわけではありません。ゴシゴシ洗いやムダ毛の自己処理など、肌に負担がかかる生活を続けることが肌ストレスとなって、デリケートゾーンの黒ずみができてしまいます。

肌の乾燥も要注意

デリケートゾーンの黒ずみは肌の乾燥も原因のひとつです。肌の潤いがなくなると肌表面の防御力が低下するため、ちょっとした刺激にも弱くなります。そのため、本来ならだいじょうぶなはずなのに、下着との摩擦などがあるだけでデリケートゾーンの黒ずみが生まれてしまいます。

だからと言ってフェイス専用のスキンケアをデリケートゾーンの黒ずみのケアに使うことはNGです。なぜなら、デリケートゾーンは体の中でもっとも肌がデリケートにできているため、フェイス用を無理に使えばデリケートゾーンの肌にトラブルが起きる可能性があります。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンは安全に使えるの?

デリケートゾーンの黒ずみにどんな成分なら安全なのか、デリケートゾーンの黒ずみが改善されるのか、代表的な成分をいくつかピックアップします。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、体への吸収率が低いとされるビタミンCの浸透を高める働きを担う成分です。そのため、ビタミンCがしっかり浸透することで、デリケートゾーンの黒ずみのもととなるメラニンの生成を抑えることができます。また、肌ストレスにならない優しい成分なので、デリケートゾーンの黒ずみのケアにも使えます。

トラネキサム酸

一般的に肝斑を治すために使われる成分ですが、メラニンの働きを押させる役割を担っているので、デリケートゾーンの黒ずみのケアにも使えます。刺激が少ないのでデリケートゾーン以外の部位に使うことも可能です。

ハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみに使える?

デリケートゾーンの黒ずみの効果に関する口コミなどでハイドロキノンというワードがよく出てきますが、ハイドロキノンはとても美白効果が優れている成分のひとつです。そのため、手っ取り早くデリケートゾーンの黒ずみを治すためにハイドロキノンが配合された商品を使いたいところですが、ハイドロキノンが含まれたものをデリケートゾーンの黒ずみのケアに使うことはNGと言われています。

なぜなら、優れた成分ゆえに刺激が強いからです。どうしてもハイドロキノンを使ったデリケートゾーンの黒ずみの治療を取り入れたい場合は、皮膚科など専門家からアドバイスをもらうといいでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使った女性たちの口コミ

・ハイドロキノン配合のスキンケアをデリケートゾーンの黒ずみに使ってみたら、デリケートゾーンがヒリヒリしたので使うのをやめた。フェイス用をデリケートゾーンの黒ずみに使うのはやめたほうがいいと思う。

・小さいころから水泳をやっていたせいか水着との摩擦でデリケートゾーンの黒ずみが酷いことに。ハイドロキノンを使いたかったんですが素人判断で使うのはNG。そこで私は皮膚科に相談しにいきました。皮膚科なら医師免許をもつ先生に診察してもらえるので安心でした。