医療機関で処方されていたハイドロキノンは、2001年の法改正により、美白化粧品に配合されるようになりました。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使用した方の口コミも目にしますが、本当に効果があるのでしょうか?そもそも使用して大丈夫でしょうか?気になる疑問について検証します。

ハイドロキノンってどんな成分?デリケートゾーンの黒ずみに効果あるのか

ハイドロキノン入りの商品は、ネット通販でいろいろなタイプを選ぶことができます。デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使用する前に、ハイドロキノンの有効成分について調べておきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンの最強美白剤

ハイドロキノンは1940年代から米国で美白剤として使われ始め、現在は世界中に多くのユーザーがいます。歴史が長い分、安全性も確立されています。

これまでハイドロキノンより効果が高く、安全な美白剤はまだ登場していません。ハイドロキノンは、デリケートゾーンの黒ずみに最強の美白剤となります。

ハイドロキノンのメラニン抑制効果は美白有効成分の約100倍

ハイドロキノンはメラニンを生成するチロシナーゼという酵素の働きを抑制し、メラニンが凝集したメラノソームを分解することで、シミを消す効果があります。

ハイドロキノンの美白効果は、リン酸化ビタミンCやアルブチンなど美白有効成分の約100倍と、圧倒的な優位性を保っており、デリケートゾーンの黒ずみにも効果が期待できます。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使用する2つの方法

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使うには、医療機関で処方を受ける、ネット通販商品を購入するという2つの方法があります。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノン・トレチノイン療法

ハイドロキノン・トレチノイン療法は外用薬によるデリケートゾーンの黒ずみ治療法です。肌の老化予防に効果が認められた、外用薬トレチノインと併用することで、美白効果を強力に高めます。

ハイドロキノン・トレチノイン療法は炎症による肌の色素沈着は完全に消えるとされ、デリケートゾーンの黒ずみへの効果も期待できます。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンの通販商品

ハイドロキノン配合の化粧品は、ネット通販や店頭で誰でも自由に購入できます。ネット通販なら国内商品だけでなく、海外の商品を購入することも可能です。

米国では化粧品に配合されるハイドロキノンの濃度は、2%以内という規制がありますが、日本では濃度の規制がまだありません。

ハイドロキノンの濃度が高くなるほど漂白効果が高くなり、デリケートゾーンの黒ずみへの効果も期待できますが、使用するには注意が必要です。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノン商品を使用する際のリスク

美白効果が認められているハイドロキノンですが、デリケートゾーンの黒ずみに使う場合は、リスクや注意点を知っておきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使う3つのリスク

ハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみの美白効果に優れていますが、次のようなリスクがあることを確認しておいてください。

ハイドロキノンのリスク1:デリケートゾーンの黒ずみや赤み、腫れなど副作用のおそれ
ハイドロキノンは人によっては赤みや腫れ、かゆみ、アレルギー症状、色素沈着などが起きるおそれがあります。ハイドロキノンでデリケートゾーンの黒ずみがヒドくなったケースもみられます。
ハイドロキノンのリスク2:デリケートゾーンの黒ずみ改善に時間がかかる場合がある
ハイドロキノンは濃度が高いほど漂白効果が高く、価格も高くなります。通販や店頭で手頃な価格で購入できるハイドロキノンは、2%前後の濃度が多いため、美白効果は思うほどではありません。低濃度のハイドロキノンをデリケートゾーンの黒ずみに使用しても、効果を感じるまで時間がかかる可能性が高いです。
ハイドロキノンのリスク3:使用方法や保管方法に気を付ける
デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを塗ると、肌が敏感になるため、刺激を与えないように注意が必要です。また、ハイドロキノンは熱や光に弱いため、冷蔵庫で保管してください。保存期間は1.5~2ヶ月程度で、それ以上はハイドロキノンの効果が落ちるため、定期的な買い替えが必要です。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使うときの2つの注意点

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを塗るときは、次の2つの点に注意してください。

ハイドロキノンの注意点1:パッチテストで試してから使用する
デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使用する前に必ずパッチテストを行います。肌の目立たない部分にハイドロキノンを少しだけ使用し、48時間以内に肌トラブルがないか確認してください。
ハイドロキノンの注意点2:使用後は保湿と紫外線ケアをしっかり行う
デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを塗布した後は、紫外線の影響を受けやすいので、保湿と日焼け止めなど紫外線予防をしっかり行います。

デリケートゾーンの黒ずみに使うハイドロキノンの選び方|どんなものを選べばいい?

デリケートゾーンの黒ずみにはどのような種類、タイプのハイドロキノンを選べばよいのか、具体的に紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみのように狭い範囲は純ハイドロキノンも使用可能

ハイドロキノンは大きく純ハイドロキノンと、純ハイドロキノンの濃度を薄めた安定型ハイドロキノンの2つに分かれます。刺激が低いのは安定型ハイドロキノンですが、デリケートゾーンの黒ずみのように限られた部位であれば、基本的にどちらでも使用可能です。

デリケートゾーンの黒ずみに使用するハイドロキノンは濃度や種類を選ぶ

デリケートゾーンの黒ずみ部分は他に比べて皮膚が薄いため、純ハイドロキノンの場合は必ず濃度を3%以下に抑えてください。安定型ハイドロキノンは8%までを目安にしてください。

デリケートゾーンの黒ずみに使用するハイドロキノンはチューブタイプが主流

デリケートゾーンの黒ずみのような部分使用には、チューブ入りのハイドロキノン商品が便利で、多く使われています。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを効果的に使用する方法

デリケートゾーンの黒ずみをハイドロキノンで効果的に改善するには、正しい手順と方法で使用することが大切です。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを塗る手順

  1. 熱すぎないお湯と泡で、デリケートゾーンの黒ずみ部分をやさしく洗います。
  2. デリケートゾーンの黒ずみ部分を保湿剤で保湿します。
  3. デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを擦り込まず、やさしく塗るようにします。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使う際のNG

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使用する際は、次の点を守ってください。

NG1:ハイドロキノンをVIOの粘膜には使用しない
ハイドロキノンは刺激が強いので、デリケートゾーンの黒ずみでも、大陰唇から内側や肛門付近の皮膚が薄い粘膜部分は、使用を避けてください。
NG2:ハイドロキノンを紫外線に当てない
デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを塗布後、紫外線が当たると黒ずみが悪化するおそれがあります。デリケートゾーンの黒ずみ部分を保湿した後、必要があれば日焼け止めを使用してください。
NG3:ハイドロキノンを塗布後、締め付ける下着は着けない
デリケートゾーンの黒ずみに不要な摩擦が加わると、黒ずみを悪化させてしまいます。身体を締め付ける下着やジーンズなどは避けましょう。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使った人の口コミ

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使ってみた人の口コミを紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使った良い口コミ

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使ってみて良かったという口コミです。

ハイドロキノン2%で肌トラブルなし
ハイドロキノンの濃度2%で価格も安く、肌トラブルも一切ないので、デリケートゾーンの黒ずみに効果が出るまでリピートします。
デリケートゾーンの黒ずみが薄くなった
ハイドロキノンを約1ヶ月使用して、デリケートゾーンの黒ずみが薄くなりました。
ハイドロキノンをバストトップとデリケートゾーンに使用
1週間使用して、バストトップの角質が剥がれ、ショーツに当たらない部分のデリケートゾーンの黒ずみが改善しました。
ハイドロキノンはVIO脱毛後の毛穴の黒ずみに効果大
男性ですが、VIO脱毛後のデリケートゾーンの毛穴の黒ずみにハイドロキノンを塗ると、肌のコンディションが良くなりました。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使った悪い口コミ

デリケートゾーンの黒ずみに、ハイドロキノンを使ってみて良くなかったという口コミです。

ハイドロキノンを2週間毎日塗っても変化なし
ハイドロキノンの濃度2%の商品を2週間使って、まったくデリケートゾーンの黒ずみは変化なしです。5%くらいでないと効果はないと思います。
ハイドロキノンで初めて肌トラブルを経験
肌が強く、今まで化粧品トラブルはなかったのに、デリケートゾーンの黒ずみ部分が赤く腫れてしまいました。

デリケートゾーンの黒ずみに効果が期待できるハイドロキノン通販商品5選

ネット通販で購入できるハイドロキノンの人気商品を5つ厳選して紹介します。

ハイドロキノン配合の商品1:ユークロマ・ハイドロキノン4%

内容量 20g
価格 約1,444円(税込)~

インドで人気の美白アイテムで、デリケートゾーンの黒ずみ向けではないですが、薄いシミ改善に効果的です。酸化しやすいため、1ヶ月以内に使用してください。

ハイドロキノン配合の商品2:デルミサ・スキンフェイド

https://dermisa.jp/products/

内容量 25g・50g
価格 1,800円・3,000円(税別)

世界22ヶ国で販売されているベストセラーの美白商品。デリケートゾーンの黒ずみ向けではないですが、ビタミンCと純ハイドロキノン2%配合で、容量が選べます。

ハイドロキノン配合の商品3:濃厚本舗 ハイドロキノン

https://item.rakuten.co.jp/noko/105/

内容量 30g
価格 約1,320円(税込)~

純ハイドロキノン2%を配合した国産の美白商品。デリケートゾーンの黒ずみ用ではないですが、コスパが高く、酸化しにくいエアレスポンプを使用しています。

ハイドロキノン配合の商品4:ティントップ

http://www.glim-gr.jp/products/detail.php?product_id=334

内容量 2g
価格 2,980円(税別)

ハイドロキノンとアルブチンやビタミンC誘導体も配合した、国産のデリケートゾーンの黒ずみ用美白商品。価格は高いですが、筆タイプで塗りやすいです。

ハイドロキノン配合の商品5:ラブリーゾーン・ヴァージンスキン

https://wowma.jp/item/187417659

内容量 30g
価格 約3,980円(税込)~

ハイドロキノンとビタミンC誘導体、保湿成分が配合された、国産のデリケートゾーンの黒ずみ用美白商品。セクシーな香りでフェロモン効果もあります。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使用する際のQ&A

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使うことに関する質問にお答えします。

VIOワックス脱毛後の黒ずみにハイドロキノンは有効ですか?
デリケートゾーンの黒ずみ部分は他の部位に比べ、皮膚からの吸収率が高く、ハイドロキノンの美白効果が期待できる一方で、副作用も出やすくなります。ハイドロキノンの効果とリスクを考慮すると通販商品を使用するより、医療機関で処方してもらう方が安心です。
デリケートゾーンの黒ずみに使うなら、何%のハイドロキノンがいいですか?
ハイドロキノンの美白作用と副作用のバランスを考えると、4%程度の濃度が推奨されています。ただし、肌質によりデリケートゾーンの黒ずみに効果が得られる、ハイドロキノンの濃度は変わってきます。
デリケートゾーンの黒ずみは、ハイドロキノンとトレチノインを使わないと効果ないですか?
特定のデリケートゾーンの黒ずみを美白する場合は、ハイドロキノンとトレチノインを併用した方が効果的です。デリケートゾーンの黒ずみ全体に使うならハイドロキノンだけでも構いません。尚、トレチノインは医療機関でのみ購入できます。
デリケートゾーンの黒ずみに使用しているハイドロキノンに、ステロイドが入っていても続けて大丈夫?
医療機関で処方されるハイドロキノン軟膏には、炎症を抑える目的でステロイドが配合されていることがあります。長期間使用すると、デリケートゾーンの黒ずみの皮膚が委縮するなど副作用があるため、定期的に医師の診察を受けてください。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使う場合は慎重に!

ハイドロキノンの美白商品は手軽に通販でも購入できますが、本来は医療機関で処方されていた美白剤です。デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使用する前に、必ずパッチテストを行い、副作用がないことを確認し、慎重に使うようにしましょう。

おすすめの記事